@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぱりぱり【パリパリ】

デジタル大辞泉

ぱり‐ぱり
[副]
張りがあったり、こわばっていたりするさま。「ぱりぱり(と)したおこげ」
裂いたりはがしたり、はじけたりする音や、そのさまを表す語。「セロハン包みをぱりぱり(と)破る」「薄いタイルがぱりぱり(と)砕ける」
固く薄い物などをかむ音や、そのさまを表す語。「せんべいをぱりぱり(と)食べる」
[名・形動]
薄いものがこわばっているさま。「ぱりぱりな(の)海苔(のり)」
生きがよく、張りのあるさま。また、そのような人。「ぱりぱりな(の)新人」「ぱりぱりの江戸っ子」
衣服が新しく見栄えがするさま。また、そのもの。「新調のぱりぱりな(の)スーツ」
[アクセント]リパリ、はパリパリ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぱりぱり
[1]
薄い物などが割れたり、砕けたりするときの音を表す語。 氷に-(と)ひびがはいる
歯切れのよい物をかむときの音を表す語。 たくあんを-(と)食べる
[0] 名 ・形動
こわばって乾いている・こと(さま)。 乾燥して-になった枯れ葉 -のシーツ
新しくて上等な・こと(さま)。 -の上着
生きがよくて、勢いがある・こと(さま)。 -の江戸っ子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぱり‐ぱり
[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 歯切れよく物を噛む音やそのさまを表わす語。
※松翁道話(1814‐46)四「ぱりぱりと人を噛んだり」
② 火が燃えさかる音やそのさまを表わす語。
※土(1910)〈長塚節〉一三「ぱりぱりと威勢よく燃える麦藁(わら)の火」
③ 張った布や紙が、勢いよく破れる音やそのさま、布や紙が新しくてゆるみやしわのないさまなどを表わす語。
※はやり唄(1902)〈小杉天外〉四「裸体画の前に駈戻って、物をも云はず顔を目掛けて斬付けた。布はぱりぱりと快い音して」
④ 凍って固くなるさまを表わす語。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一八「その仕事着さへもパリパリと凍ってゐたのである」
[2] 〘名〙 (形動)
① 素性がよかったりして羽振りのよいさま。勢いが盛んで活動的なさま。また、そのような人。
※あたらよ(1899)〈内田魯庵〉「今ぢゃァ衆議院でパリパリの代議士さんでゐらッしゃるが」
② 新しく上等なさま。また、そのようなもの。「ぱりぱりの背広」
※野性の誘惑(1947)〈長与善郎〉手紙「話題もずっと今どき時節柄(アップ・ツー・デート)のパリパリのもので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぱりぱり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぱりぱりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation