@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ひげ根【ひげね】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ひげ根
ひげね

多くのシダ植物や単子葉植物では、胚(はい)の幼根が成長した第一次根はほとんど発達せず、地上茎や地下茎から不定根が群生してひげ根系を形成する。このような根系をつくる根をひげ根という。裸子植物や双子葉植物では、普通、第一次根が主根として地中深く伸長し、そこからの側根とともに主根系を形成し、二次肥大することも多いが、ひげ根系では二次肥大せず、比較的細くて均一な太さの根が形成される。

[西野栄正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひげ根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ひげ根の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation