@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ひげ結晶【ひげけっしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ひげ結晶
ひげけっしょう
whisker crystal
ウィスカー。金属表面を適当な温度と雰囲気に保つと非常に強く硬い細い結晶が伸び出すことがあり,これをひげ結晶という。転位を含まない完全に近い結晶構造をもつと考えられており,成因は諸説があって確定しないが,雰囲気原子が地の金属のらせん転位部に吸着したときの相互作用によるとする説が有力である。初めアメリカで被覆銅線にこれが生え,被覆を破ってショートの原因になるので防除法が研究されたが,その後これが異常な硬さと強さをもつことがわかり,以後利用面で見直されるようになった。実際の製法は通常金属ハロゲン化物の還元によっており,大きさは径 0.01~10 μm 程度,長さは 1cm以上のものも得られるが,あまり長くなると格子欠陥が入って特徴を失う。普通につくられる金属ひげ結晶の引張り強さは鉄 1300,クロム 900,ニッケル 390 (単位は kg/mm2 ) と普通金属材料の数十倍以上もあるので,多量生産して複合金属材料の強化繊維材として使われている。ひげ結晶は金属だけでなく Al2O3 ,B4C ,SiC ,黒鉛などの非金属材料にもでき,その強さは 1500~2100 kg/mm2 と,信じられないほどの値を示す。これも複合材料の強化繊維材になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひげけっしょう【ひげ結晶】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

ひげ結晶
ヒゲケッショウ
whisker crystal

ホイスカーともいう.直径0.1~50 μm 程度,長さ数 mm 以上の金属あるいは非金属の繊維状の単結晶.断面は,結晶構造,成長方位により四角,六角,その他の形状をもつ.天然では,銅あるいは銀などの硫化鉱に見られるが,人工的には,低融点物質について蒸発・凝縮法,金属についてはハロゲン化物の水素還元(化学還元法),酸化物などについてはハロゲン化物の気相酸化により育成できる.よいひげ結晶は転位などの欠陥を含まない完全結晶で,理論値に近いきわめて大きい引張強さをもち,また化学的にも比較的不活性である.とくに,B,B4C,C,Al2O3,SiC,およびSi3N4などの密度が小さく高融点のひげ結晶は,金属,合成樹脂を基体とした複合材料の強化物質として注目されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひげ結晶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ひげ結晶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation