@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ひょう(雹)【ひょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ひょう(雹)
ひょう
hail
直径 5mm以上の粒または氷塊降水直径は 5~50mmで,ときにはそれ以上に大きくなる。透明なものと不透明な層をもつものがある。一般に強い電に伴って降る。雪の結晶が落ちる途中で上昇してくる多数の過冷却雲粒衝突して凍りつき,しだいに成長して落下速度を増し地上に達する。降水としてはが大きいため,自然落下速度もかなり大きい。それに逆らって,ひょうとして成長するためには強い上昇気流が不可欠である。農作物に大きな被害を与えることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょう【ひょう(雹) hail】
おもに積乱雲から降ってくる,直径が5mm以上の氷の粒または,およびそれらが落下する現象をいう。ひょうはあられがもっと大きく成長したもので,球形のことが多いが,表面突起をもつものもある。ゴルフボール大のもの,まれには野球ボールより大きいのが降ることもある。ひょうを切断して調べてみると,多くの場合透明な層と不透明な層が交互にいくつか重なってできているのがわかる。これは積乱雲内の強い対流によって上昇・下降を繰り返すうち,過冷却した雲粒が次々に衝突・凍結する着氷現象で成長したことを示している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ひょう(雹)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ひょう(雹)の関連情報

関連キーワード

雨滴視力頸動脈体マメシジミあられひょう雨氷(うひょう)アズマギクイナズマヨコバイカヤツリグサ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation