@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)

飼料作物病害図鑑

ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)
最近特に温暖地で発生が増えつつある糸状菌病。梅雨期に入ると下葉から小型の赤色または紫色斑点を形成し、これが徐々に拡大する。ある程度広がると赤紫色の輪紋状病斑となり、ちょうどのまだら模様のようになる。病斑は大型で長さ0.5〜5cm、幅0.2〜5cmにもなる。多湿条件では葉の表面にピンク色の粘塊状の分生子塊を形成し、これが風雨などで飛散してまん延する。病斑が古くなると、罹病組織内に小さな菌核を形成して越冬し、翌年の伝染源となる。

出典:畜産草地研究所

ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ひょう紋病(ソルガム・スーダングラス)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation