@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

びらつく

デジタル大辞泉

びら‐つ・く
[動カ五(四)]
紙などが小刻みに揺れ動く。びらびらする。「障子の破れが風で―・く」
人が絶えず小刻みに動く。
「顔小さく、体(てい)―・き」〈難波物語〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びら‐つ・く
〘自カ四〙 (「つく」は接尾語。「ぴらつく」とも)
① 垂れ下がっている軽いものが揺れ動く。びらびらする。
※六物図抄(1508)「袈裟の緒環なさに不斉整ほどに外道力譏てびらついて如媱女如象鼻と」
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二「赤い蹴出しなんぞをぴらぴらぴらつかせて」
② (動作などが)落ち着きなく、こきざみに動く。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 光る。輝く。特に、刃物などが光る。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五八「新刀を引抜いて、三人が大生郷(おほながう)の鳥居前の所へびらつくのを提げて出ましたから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びらつく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

びらつくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation