@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

びらびら【ビラビラ】

デジタル大辞泉

びら‐びら
[副](スル) 布・紙などの端が垂れ下がって揺れ動くさま。「破れた裏地が袖口からびらびら(と)出ている」
[名]垂れ下がって揺れ動いているもの。
「―の附いた同じような簪(かんざし)が」〈上司・父の婚礼
[アクセント]ラビラ、はビラビラ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びら‐びら
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 布や紙などが垂れてなびき翻るさまを表わす語。ひらひら。
※虎明本狂言・萩大名(室町末‐近世初)「『あのびらびらとするは何ぞ』『たんざくでござる』」
② =びらしゃら(一)②
※浄瑠璃・摂州渡辺橋供養(1748)二「びらびらと和らいだ文も書れず」
[2] 〘名〙
① 武具。切裂(きりさき)の旗の指物の俗称。
② 女性、特に若い娘。
※浄瑠璃・雕刻左小刀(1791)三「眼よ、びらびらの名を聞いたか」
③ 金属・布などの小片で、ゆれて動くように物に取り付けたもの。
※父の婚礼(1915)〈上司小剣〉五「ビラビラの付いた同じやうな簪が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びらびら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

びらびらの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation