@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふうふう【フウフウ】

デジタル大辞泉

ふう‐ふう
[副]
口をすぼめて何度も息を吹きかけるさま。「熱いそばをふうふう(と)吹きながら食べる」
苦しそうな息づかいをするさま。「ふうふう(と)あえぎながら駆けてくる」
仕事などに追われて苦労するさま。「残業続きでふうふう言っている」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふう‐ふう
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 猫が怒ったり、さかったりした時に毛を逆立ててする鳴き声を表わす語。
※狂歌・堀河百首題狂歌集(1671)雑「風よりもぞっとすごきはふうふうと吹てかかれるのべののらねこ」
② 激しく苦しそうな息づかいのさまを表わす語。
※咄本・蝶夫婦(1777)天狗の怪我「高い鼻をしたたか打ければ、余り痛さに両手で鼻をかかへ、スウスウフウフウといいながら」
③ 口をすぼめて繰り返して息を強く吹くさまを表わす語。
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉四「拾ひ集めの杉の葉を被せてふうふうと吹立れば」
[2] 火や灯火のことをいう幼児語。
※怪談乳房榎(1888)〈三遊亭円朝〉二六「ソラ行燈に灯々(フウフウ)がついて居るよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふうふう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふうふうの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation