@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふくさ【フクサ】

デジタル大辞泉

ふくさ
[形動ナリ]
やわらかなさま。
「近江、美濃、尾張などにて、物の柔らかなることを―といふ」〈玉勝間・一三〉
人柄の柔和なさま。
「―な人」〈吉原失墜〉
福々しくゆったりしているさま。
「いやしからず―なり」〈浮・胸算用・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくさ

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくさ
形動ナリ
やわらかいさま。 上代は皆なえ装束とて、-にて/海人藻芥
ゆったりとしていて温和であるさま。 -ナ人/日葡
ゆったりとして、福々しいさま。 所ならはしとて輪に入たる丸餅を庭火にて焼き喰ふもいやしからず-なり/浮世草子・胸算用 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくさ
〘形動〙
① やわらかであるさま。柔軟なさま。
※海人藻芥(1420)「上代は皆なへ装束とて、ふくさにて強くは不調也」
② 人柄の柔和なさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ (「福」の字を当てることもある) 柔和で、ゆったりとして福々しいさま。
※俳諧・鴉鷺俳諧(1646)「鯨の口に塩やあまれる ふくさなる汁の大根味あしし〈立圃〉」
④ 多いさま。
※随筆・幽遠随筆(1774)上「俗に物の多きを、ふっさりともいひ、又ふくさなりなどいふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふくさ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふくさの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation