@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふくど

精選版 日本国語大辞典

ふく‐ど
〘名〙 キク科の越年草。本州の近畿以西、四国、九州の海岸の川口の沼地に生える。高さ〇・三~一メートルで、基部からよく分枝する。芳香を放ち、全体に灰白色の細毛を密布する。根生葉は長柄をもち菱形で羽状に分裂し、茎葉は羽状に深く三、四裂して裂片は線形。秋、側枝の上部に小枝を分け、大形の円錐花序を作り、黄褐色の頭花を下向きにつける。はまよもぎ。〔物品識名拾遺(1825)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふくど」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふくどの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation