@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふける

デジタル大辞泉

ふけ・る
[動ラ四]逃げる。
「侍は―・った、―・った」〈浄・浪花鑑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ・ける
[動カ下一]
逃げる。姿を隠す。「やつめ、―・けやがった」
花札で、「ふけ」で終了する。「親が―・ける」
退屈する。
「武左、大ふけに―・けてあくびをする」〈洒・寸南破良意〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふけ・る
〘自ラ四〙 逃げる。姿を隠す。
※浄瑠璃・小栗判官車街道(1738)一「帯めが脇へふけらぬ様に必お頭ぬからしゃんな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ・ける
〘自カ下一〙
① 逃げる。姿を隠す。脇道にそれて、よそへ行く。
※洒落本・田舎談義(1790)「お身らがとなりの茂平なア。ふけたアげだア」
② 退屈する。
※洒落本・寸南破良意(1775)新ござ「武左、大ふけにふけて、あくびをする」
③ 釣りで、風が吹いたり魚がくいついたりしたため、釣糸がたるんだり、動いたりする。→ふかしづり
④ (花札の手役「ふけ」を動詞化したもの) 「ふけ」の手役で勝負を終わることをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふける」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふけるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation