@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ふげん
動力炉・核燃料開発事業団 (動燃) が福井県敦賀市に 1970年に着工し,1978年3月 20日に臨界に達した新型転換炉原型炉 (電気出力 16.5万 kW) 。高速増殖炉の原型炉「もんじゅ」とともに,釈迦仏の二脇侍である普賢菩薩文殊菩薩にちなんで,1970年に命名された。なるべく濃縮ウランを使わない新しいタイプの動力炉を自主開発するねらいから設計されたもので,燃料は微濃縮 (1.5%) 二酸化ウランか,あるいは天然ウランに 0.5%プルトニウムを混ぜた混合酸化物で,重水減速・沸騰軽水冷却型の原子炉である。 1979年から運転を開始したが,これに続く実証炉の建設は 1995年の原子力委員会の決定で中止。 1998年 10月に動燃が「核燃料サイクル開発機構」に改組された際に,「ふげん」も新法人に移管されたが,2003年運転を中止,廃止措置へ向けて準備が進んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふげん

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふげん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふげんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation