@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふじ

日本大百科全書(ニッポニカ)

ふじ

海上自衛隊所属の第二次世界大戦後初の本格的砕氷艦。南極観測用として計画され、1965年(昭和40)日本鋼管鶴見(つるみ)造船所で建造された。5250排水トン、全長100メートル、幅22メートル、深さ11.8メートル、ディーゼル電気推進、軸馬力1万2000馬力。初代砕氷艦「宗谷(そうや)」の代船として、1965年の第七次南極観測以後その任についた。観測隊員および物資の極地への輸送設備、艦上において観測するための各種学術観測機器の設備、接岸困難な場所へのヘリコプター利用のための発着甲板と格納庫の設備などがある。

 1982年の第二十四次南極観測を最後に現役を退き、現在は3代目の砕氷艦「しらせ」が後を継いでいる。

[茂在寅男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ふじ
青森県、長野県、福島県などで生産されるリンゴ。晩生。果皮は鮮赤色。果実は蜜入りがよく、糖度が高く酸味はやや少なめ。「デリシャス」と「国光」を交配させた、農林省園芸試験場東北支場による育成品種。1962年に「ふじ」と命名、同年に品種登録。登録品種名は「りんごの農林1号」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふじ

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ふじ
防衛庁に所属した南極観測船で,日本初の本格的砕氷船。1965年3月に日本鋼管鶴見造船所で進水,7月竣工。同 1965年秋の第7次南極観測から『宗谷』に代わって運航し,1983年秋から『しらせ』の予備艦となった。基準排水量 5250t,全長 100m,最大幅 22m,最大速力 17ノット,1万2000馬力のディーゼル電気推進式,定員 245人(うち観測隊員 40~50人)。厚さ 80cmまでの氷を連続砕氷可能。人員物資の輸送,砕氷,観測を受け持ち,大型ヘリコプタ 3機を搭載した。退役後,1985年から名古屋港で係留,展示されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふじの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation