@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふたほがみ【フタホガミ】

デジタル大辞泉

ふた‐ほがみ
語義未詳。布多(栃木県の地名。国府所在地)にいた国守のことか。一説に、黒い人とも、神の名ともいう。
「―悪しけ人なりあたゆまひ(=急病)我がする時に防人(さきもり)に差す」〈・四三八二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふた‐ほがみ
〘名〙 未詳。
※万葉(8C後)二〇・四三八二「布多富我美(フタホガミ)悪しけ人なりあた病(ゆまひ)わがする時に防人にさす」
[補注]諸説ある。
(1)「ふた」は「太(ふと)」、「ほがみ」は「小腹」で、腹が太くて物のあわれを知らない者。
(2)「二面神(ふたほがみ)」で、二心のある者の意。
(3)下野国(栃木県)都賀郡の地「布多」の「太守(おおかみ)」で、下野守をさす。
(4)「二大上(ふたおおかみ)」で、防人軍団の大毅と小毅、など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふたほがみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふたほがみの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation