@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふつふつ【フツフツ】

デジタル大辞泉

ふつ‐ふつ
[副]
勢いよく細い物を切る音や、そのさまを表す語。
「荒巻の縄を―と押し切りて」〈今昔・二八・三〇〉
思い切りよくやめるさま。きっぱり。
「かるたわざ―とやめ給へ」〈咄・鹿の巻筆・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふつ‐ふつ
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 縄や糸など細い物を勢いよく断ち切る音、また、そのさまを表わす語。
※落窪(10C後)二「一の車のとこしばりをふつふつと切りてければ」
② 鳥などが勢いよく飛び立つ音、また、そのさまを表わす語。
※梵舜本沙石集(1283)七「ふつふつ飛びて帰るを見れば鴛の雌なりけり」
③ =ふっつり
※咄本・鹿の巻筆(1686)一「かるたわざ、ふつふつとやめ給へ」
④ 前後の脈絡がなく事が起こるさまを表わす語。
※史記抄(1477)一二「竒兵とは定たせいではなうてうきせいぞ。どこへもふつふつと行くせい也」
⑤ =ぶつぶつ(一)②
※二日物語(1892‐1901)〈幸田露伴〉此一日「譬喩品の偈を口の中にふつふつと唱へ唱へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふつふつ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふつふつの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation