@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふてる

精選版 日本国語大辞典

ふ・てる
〘自タ下一〙 ふ・つ 〘自タ下二〙 (「不貞」「太」などとも書くがあて字) 不満に思って、相手にさからうような態度をとる。やけになって意地を張る。また、すねて捨てばちになる。ふてくされる。
※太平記(14C後)一七「能敵にや遭と、ふてて仕候を」
※木乃伊の口紅(1913)〈田村俊子〉一〇「この二人と、〈略〉荒んだ、統一のない不貞(フテ)た俳優たちとの間には」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふてる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふてるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation