@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふらふら【フラフラ】

デジタル大辞泉

ふら‐ふら
[副](スル)
揺れ動いて安定しないさま。「悪路でハンドルがふらふらする」
からだに力がはいらないさま。意識がはっきりしないさま。「熱でふらふらする」「ふらふらした足どり」
自覚や目的のないまま行動するさま。「ふらふらと誘いに乗る」「盛り場をふらふらする」
態度が定まらないさま。「方針がふらふらする」
[形動]2に同じ。「猛練習でふらふらになる」
[アクセント]ラフラ、はフラフラ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふら‐ふら
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 勢いよく出たり飛んだりするさま、いさみたつさまを表わす語。
※宇治拾遺(1221頃)一「毛の中より松茸の大きやかなる物の、ふらふらと出できて」
② 物のゆれ動くさま、物が力なく飛んだり舞い上がったりするさまを表わす語。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)八「弱弓や下手がいれば、矢がふらふらとして、をそくいきつくが」
③ 力がなくて安定感のないさまを表わす語。
(イ) 足もとがふらついて覚束ないさま。
※談義本・教訓雑長持(1752)一「近年中風(ちうぶ)の下拵にや、両足ふらふらとして、からくり人形の歩行(あるく)やうなれば」
(ロ) 力を出しきったりして疲れ果てたさま。
④ 目まいがしたり、頭がふらついたりするさまを表わす語。
※歌舞伎・彩入御伽草(おつま八郎兵衛)(1808)序幕「先刻の酒には強気に廻された。何だか頭がフラフラする」
⑤ いねむりをしていて頭がゆれるさまを表わす語。こっくりこっくり。
※元祿版古今著聞集(1254)一八「きはめたるねぶり人にて、餠をもちながら、ふらふらとねぶりけるに」
⑥ 十分に考えないで行動するさま、また、ある現象がおさえようもなく起こるさまを表わす語。
※評判記・秘伝書(1655頃)中なをりの一座の事「たのもしくおもひ候つれども、御こころ、ふらふらとかはり」
※咄本・聞上手(1773)ふの字「ふたりづれで、ふらふら出かけて」
⑦ 決断することができなくて迷うさまを表わす語。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉悪い日「遊びに行こうか、止めようかと、フラフラ迷う地点」
[2] 〘形動〙
① 目まいがして頭がふらつくさま。また、疲れや空腹などでからだがしっかり保てないさま。
※蝮のすゑ(1947)〈武田泰淳〉一「栄養不良でフラフラの病人も来た」
② 十分に考えないで行動するさま。
※不在地主(1929)〈小林多喜二〉二「遊びたい盛りのフラフラな若い者達より」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふらふら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふらふらの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation