@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふるい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ふるい
screen
篩。粉や粒状のものを選別する道具で,目的によって適当な目の大きさを用いる。絹糸,ナイロン,銅線,ステンレス線などを格子状に編んだ細かい目のものと,金属板に適当な穴をあけたあらい目のものがある。一般には網目からふるい分けられる粒がこぼれないように,曲げ輪や板で囲んである。昔は主として米通し,粉ふるい,籾通しなど,穀物の振分け調整用に農家で用いた。工業用のふるいは,太い針金で編んだものや金属板に穴をあけたもの,またふるいを円筒形に巻いたトロンメル鉄棒平行に並べたものがあり,ふるい目の大きさを直接その寸法で表わす。小さいものは1インチの長さの上にある目の数で示し,「…メッシュふるい」と呼ぶ。日本やアメリカでは 0.07mm目のものを 200メッシュふるいとし,これを基準に目の大きさを順次 √2 倍した一連のタイラー標準ふるいが用いられていた。種類としては,手ふるい,傾斜ふるい,回転ふるい振動ふるいなどがある。土木建築現場や鉱山,また化学工場などで大量をふるい分け処理する場合はすべて電動式である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふるい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふるいの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation