@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふわつく

デジタル大辞泉

ふわ‐つ・く〔ふは‐〕
[動カ五(四)]
ふわふわとひるがえる。「スカートの裾が―・く」
気持ちに落ち着きがなくなる。
「左(そ)う―・いた所ばかりから出来上ってるように解釈されちゃ可哀想だ」〈漱石明暗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふわ‐つ・く ふは‥
〘自カ五(四)〙 (「つく」は接尾語)
① 柔らかくてふわふわする。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一二「引き掛けた法衣の様にふわついた下から黒足袋が見える」
② 心がふわふわと落ち着かなくなる。気持がうわつく。
※評判記・難波物語(1655)「身をこがらしの風にふわつく」
③ 風にはためく。ふらふらと動く。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)一〇「病気にふはつく人もたのむならかたくまもらん石薬師哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふわつく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふわつくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation