@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ふわと【ふわと】

大辞林 第三版

ふわと
やわらかく軽いさま。 着ながら上着-着せ/浄瑠璃・博多小女郎
軽く身をひるがえして飛び上がるさま。 あの馬に懸鞍かけくら置いて、-乗り/浄瑠璃・最明寺殿
軽率なさま。うかうかと。 褒めらるるは嬉しいものぢや。そこで某が-乗つて/狂言記・鱸庖丁

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふわ‐と ふは‥
〘副〙
① 軽くて柔らかいさまを表わす語。
※幸若・夜討曾我(室町末‐近世初)「ひたたれぬいでふはと捨」
② 身のこなしがひらりと軽く柔軟なさまを表わす語。ひらりと。
※舞正語磨(1658)中「脇のつぶりにかかるほどに立よりて、ふはととどし、はづませたる位にいたせり」
③ よく考えずうっかりと行動するさまを表わす語。軽はずみに。
※狂言記・鱸庖丁(1700)「ほめらるるはうれしい物じゃ。そこで某がふハと乗って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふわと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふわとの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation