@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

へいへい【ヘイヘイ】

デジタル大辞泉

へい‐へい
[感]応答の語「へい」を重ねた語。相手を敬いながら気軽に相づちを打ったり承知の意を表したりする。「へいへい、かしこまりました」
[副](スル)卑屈な態度で言いなりになるさま。ぺこぺこと相手にこびへつらうさま。「いつもへいへいしている腰巾着

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

へいへい
( 感 )
応答する時の言葉。「へい」を重ねた語。はいはい。
( 副 ) スル
相手の言いなりになったり、こびへつらったりするさま。 「いつも上役に-している男」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へい‐へい
[1] 〘感動〙 応答のことば「へい」を重ねた語。気軽に応じたり、恐縮したり、いいなりになったりする時に用いる。へえへえ
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)四「ヘイヘイ是は麁相申ました」
[2] 〘副〙 人にへつらったり、いいなりになったりするさまを表わす語。へえへえ。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉三「国から書面来れば如何のかうのと一々尋ね、唯々(ヘイヘイ)して居れば頼みもせぬのに手紙を読んでやると謂うて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいへい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

へいへいの関連情報

他サービスで検索

「へいへい」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation