@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

べかし【ベカシ】

デジタル大辞泉

べかし[助動]
[助動][○|べかしく(べかしう)|(べかし)|べかしき|○|○]《「べし」の連用形「べかり」を形容詞型活用にして用いたもの》「あるべかしく」「あるべかしき」の形で、当然・義務・適当の意を表す。
「あるべかしう、しめやかにてこそ、見え奉らせ給はめ」〈紅葉賀
[補説]「べくあるらし」から「べからし」に転じ、さらに音変化したものともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

べかし
( 助動 ) ( ○ ・べかしく(べかしう) ・ (べかし) ・べかしき ・ ○ ・ ○ )
〔推量の助動詞「べし」の補助活用「べかり」の語尾を形容詞シク活用型の活用語尾に転じさせたもの〕
当然そうならなければならない状態やそうあるのが適当である状態にある意を表す。 「物まめやかにあるべかしうすこし書き給ひて/源氏 玉鬘」 「人がらはなやかにあるべかしき十余人つどひ給へれば/源氏 行幸」 〔 (1) この語の成立については、「べくあるらし」の転かとの説もある。 (2) 用例はすべて動詞「あり」の連体形「ある」に付いたもので、連用形「べかしく(べかしう)」、連体形「べかしき」の二活用型に限られている〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べかし
(「べかり」の語尾を形容詞シク活用型の活用語尾に転じさせたもの) 当然の、また、適当な状態にある意を表わす。用例はすべて「ある」に付いており、連用形「あるべかしく(う)」、連体形「あるべかしき」に限られている。→あるべかし
蜻蛉(974頃)下「『人見とがむまじう思たまふるに』など、いとあるべかしう書きなし」
[補注]「べく」にさらに形容詞語尾を加えたものといわれるが、一説に「べくあるらし」の変化したものともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べかし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

べかしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation