@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

べか船【ベカブネ】

デジタル大辞泉

べか‐ぶね【べか船】
薄板でつくった一人乗りの小舟。ノリ採集や小河川での運搬に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

べかぶね【べか船】
薄板で造った一人乗りの小舟。軽量で、艫ともに縛り付けた櫂かいでこぐ簡単な構造のもの。東京湾で海苔採集に用いた海苔べかはその典型。
江戸時代、利根川支流の渡良瀬川・思川などで商品輸送に使われた長さ15メートル、幅2.5メートル 程度の川船。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べか‐ぶね【べか船】
〘名〙
① 薄い板で造った、軽量で簡単な構造の小東京湾の海苔採取用の一枚棚の海苔べかはその典型だが、東海や北陸界隈にもあって、船型・構造にそれぞれ地方的特色がある。べかっちょ。べか。
※随筆・嬉遊笑覧(1830)二下「へか船 羽根田の海辺の漁舟にへか船と呼ものあり。薄板の小舟なり」
川船のうち、特に浅瀬で用いる、軽量で簡素な薄板造の一枚棚の船。利根川上流の巴波川・渡良瀬川思川などの水運に用いたものは、上口長さ約四五尺(約一三・六メートル)、幅九尺(約二・七メートル)に及んだ。
※財政経済史料‐一・財政・雑税・船税・享保一八年(1733)月日「部賀船〈略〉は艫梁外法より舳梁外二尺引出し間入横不入」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べか船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

べか船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation