@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

べた【ベタ】

デジタル大辞泉

べた
[名・形動]
すきまなく物が並んでいること。一面に広がっていること。また、そのさま。「べたに塗りたくる」「今週はべたに予定が詰まっている」
印刷用の絵や漫画などで、単色(主に黒色)で塗りつぶすこと。また、網点(あみてん)印刷で、網点面積が100パーセントの状態。「べたを入れる」
俗に、ひねりがなく、面白味に欠けるさま。「べたな駄じゃれ」
べた焼き」の略。「べたで焼く」
べた組み」の略。「ぎっしりべたで組む」
名詞、また名詞に準じる語の上に付いて、すっかり、完全に、などの意で、下の動作を強める言い方。「べたぼめ」「べた惚れ」「べた凪(なぎ)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

べた
( 形動 )
すきまのないさま。一面に広がっているさま。 「一寸見当の付かないものが-に描いてある/草枕 漱石
名詞またはそれに準ずる語の上に付いて、「すきまのないさま」「すっかり」「すべて」などの意を表す。 「 -惚れ」 「 -ぼめ」 「 -一面」 「 -凪なぎ
表現がありきたりで陳腐なさまを俗にいう。 「 -な表現」
( 名 )
「べた組み」の略。
「べた焼き」の略。
出版物の版下などで、絵の黒く塗りつぶした部分。また、黒く塗りつぶすこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べた
[1] 〘形動〙 すきまのないさま。一面に広がっているさま。また、すっかりその状態になっているさま。びっしり。
※洒落本・深川手習草紙(1785)中「わっちゃあんまりべたで恥しいが、いっそぬしにどうかしたよ」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉八「一寸見当の付かないものが、べたに描いてある」
[2] 〘語素〙 多く動詞を名詞化した語の上に付いて、すきまなく一面に及ぶ、また、すっかりそうなるなどの意を添える。「べた塗り」「べた書き」「べたぼめ」「べたぼれ」など。
※もはや「戦後」ではない(1956)〈中野好夫〉「どうした心理か、ベタ満足している一部日本人階層は論外として」
[3] 〘名〙
① 「べたやき(━焼)」の略。
② 「べたぐみ(━組)」の略。
※社会観察万年筆(1914)〈松崎天民〉現代の女学生「六号ベタ二十字詰二十九行三段一頁のが八頁もあり」
③ 印刷物で、ある部分のすべてがインキで覆われている状態をいう。網点印刷では、網点面積が一〇〇%のこと。また転じて、印刷用の絵などで、ある部分を黒く塗りつぶすこと。「ベタを入れる」
※守礼の門(1948)〈丹羽文雄〉「紙の上段には、天アキ、ベタぬきと朱印を捺したり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べた」の用語解説はコトバンクが提供しています。

べたの関連情報

他サービスで検索

「べた」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation