@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

べと病【べとびょう】

大辞林 第三版

べとびょう【べと病】
藻菌類のカビの寄生によって生じる、キュウリ・ブドウなどの病害。葉に褐色または灰色のカビが生じて全体に広がり、病葉はべとべとになって枯れる。露菌病。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べとびょう【べと病 downy mildew】
卵菌類,ツユカビ科に属する菌の寄生によって起こる植物の病害で,露菌病ともいう。べと病菌はすべてが全寄生菌で,生きた細胞からだけ養分を吸収するので,現在のところ人工培地での培養は不可能である。べと病菌の種類は多く,またべと病にかかる植物の種類も多いが,1種の寄主範囲は狭い。一般に雨が多く,冷温のときに発生が多い。病気にかかった葉を裏返してみると,淡褐色に変わった病斑部に灰色カビが生えているのを肉眼でも認めることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

べと病
べとびょう
作物の病気で、鞭毛(べんもう)菌類ツユカビ科に属する糸状菌(カビ)の寄生によっておこる。ツユカビ科Peronosporaceaeのカビは、隔膜のない菌糸体をもち、宿主植物の細胞間隙(かんげき)に侵入、菌糸体から宿主の細胞内に吸器という特別の器官を差し込んで栄養を吸収し、活物寄生性(純寄生性ともいう)で人工培養ができないなどの特徴をもっている。ツユカビ科のカビは、分生子柄の形態、分生胞子の発芽法の違いによって、ペロノスポラPeronospora属、スクレロスポラSclerospora属など8属に分けられているが、いずれも重要な作物のべと病の病原菌となっている。代表的なものに、ウリ類、ネギ類、ダイコン、ハクサイ、ホウレンソウ、ブドウ、バラ、ダイズなどのべと病がある。いずれも主として葉に発生し、黄緑色から黄色の葉脈に限られた角斑(かくはん)状の斑点ができる。湿度が高いときには病斑の裏面に特徴のある白色から灰色のカビ(分生胞子)を一面に形成する。古くなった病斑は褐色になるが、発生がひどいときには、葉全体に病斑ができ早く枯れ上がる。発生は葉に限られていることが多く、茎や果実にはほとんど発生をみないが、ネギ類、ホウレンソウ、ダイズのべと病や東南アジアで重要なトウモロコシべと病のように病原菌が植物の成長(生長)点に侵入するものがある。このような場合は植物体全体が黄緑色となり、生育が遅れ、奇形になり、被害が大きくなる。防除は銅剤、TPN剤、メタラキシル剤などの薬剤を散布して行う。なお、農薬を散布して作物の病気を防ぐ端緒となったボルドー液は、ブドウべと病を防除するために開発されたものである。[梶原敏宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べと‐びょう ‥ビャウ【べと病】
〘名〙 藻菌類ツユカビ科の菌類の寄生によって起こる植物の病気。葉の上面に淡褐色の斑紋が生じ、やがて裏面に黴(かび)が現われて綿毛のようになり、枯れ落ちる。ブドウ、キュウリ類、ハクサイ、ネギなどにおこる。ボルドー液などの散布によって防ぐ。露菌病。
※カインの末裔(1917)〈有島武郎〉五「馬鈴薯にはべと病の徴候が見えた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べと病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

べと病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation