@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

べんがら(弁柄∥紅殻)【べんがら】

世界大百科事典 第2版

べんがら【べんがら(弁柄∥紅殻)】
代赭(たいしや),インド赤,ベネチアン赤,ターキー赤,血朱,鉄朱鉄丹などとも呼ばれる。酸化鉄Fe2O3を主体とする赤色無機顔料で,硫酸鉄(II)を加熱焙焼(ばいしよう)する乾式法か,硫酸鉄(II)より湿式法で黄色酸化鉄をつくり焙焼する湿式法によって製造される。べんがらの種類としてα‐FeOOH(黄),γ‐FeOOH(だいだい),α‐Fe2O3(赤),γ‐Fe2O3()などがある。これら酸化鉄系の顔料色調性質製法,製造条件などにより多様である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

べんがら(弁柄∥紅殻)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

べんがら(弁柄∥紅殻)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation