@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ほうとう

日本大百科全書(ニッポニカ)

ほうとう
ほうとう /
山梨県の郷土料理。中国渡来の小麦粉加工食品で、奈良時代には唐(とう)菓子として渡来、戦国時代に再渡来したときには救荒食または携帯食としての用途が強く、各地の郷土食ともなっている。なかでも甲州では、武田信玄が仏僧からその製法を聞き、陣中食にも取り入れた。のちには農民が主食、代用食に用いて郷土食として定着したものである。小麦粉四カップをこね鉢に入れ、ぬるま湯一カップを徐々に加えてよくこね、ぬれぶきんに包んで10分ぐらいねかせておく。麺(めん)台に手粉をふりながら伸ばして1センチメートル幅に切る。カボチャ、ニンジンの薄切り、ネギは斜め切り、油揚げは半分に切り1センチメートル幅に切る。鶏肉はそぎ切り、シイタケは四つ切りにする。鍋(なべ)にだし汁を入れて火にかけ、カボチャ、ニンジン、シイタケ、油揚げを入れて、柔らかく煮えたら、鶏肉、みそを加える。次に生麺(なまめん)を入れて12~13分煮込み、ネギを加える。このほか、うどんやあるいは小麦粉をこねた材料を煮込んだものを「ほうとう」と称する例は、群馬、埼玉、長野、岐阜、高知など各地にある。岐阜では、そばを練って短冊形に切り、小豆(あずき)汁に入れた食べ物を「ほうとう」とよんでいる。[多田鉄之助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ほうとう
山梨県の郷土料理。の広い平打ちの小麦粉のを、カボチャネギシイタケなどの野菜と一緒に味噌味ので煮込んだ鍋料理。戦国武将の武田信玄が陣中食として考案したというがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほうとう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ほうとうの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation