@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぼこぼこ【ボコボコ】

デジタル大辞泉

ぼこ‐ぼこ
[副]
中空のものをしきりにたたく音を表す語。「ドラム缶をぼこぼこ(と)たたく」
水などが盛んにわき出たり泡だったりする音や、そのさまを表す語。「ぼこぼこ(と)温泉がわき出る」
でこぼこしているさま。くぼみや穴がたくさんあるさま。「穴がぼこぼこ(と)あいている」
[形動]
3に同じ。「ぼこぼこな鍋」「大きな雹(ひょう)が降ってボンネットがぼこぼこになる」
俗に、ひどく殴るさま。何回も殴ったり蹴ったりするさま。「二人掛かりでぼこぼこにされる」
[アクセント]コボコ、はボコボコ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぼこぼこ
[1]
中が空洞のものをたたいた時の音を表す語。 箱の中は空なのか-(と)音がした
水や泡などがわき上がるさま。 -(と)水がわき出る
[0] 形動
でこぼこしているさま。 底が-な鍋 -にされる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼこ‐ぼこ
[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある)
中空のものをたたく音を表わす語。
② 水が泡立って流れたり、水中から物が浮き上がる音やさまを表わす語。また、連続して物や事が生じたり、押し寄せて来たりするさまを表わす語。
※落語・阿七(1890)〈三代目三遊亭円遊〉「『覚悟は宜(い)いか』と念仏諸共(もろとも)隅田川へザブーリと飛込んで、此奴が、情死(しんじう)と来て土左衛門がボコボコ浮上り」
③ 咳の音を表わす語。
※面影(1969)〈芝木好子〉二「絵を描きながらぼこぼこ咳をしていたが」
④ ゆっくりと歩く音、また、そのさまを表わす語。
※熊の出る開墾地(1929)〈佐左木俊郎〉「馬車はぼこぼこと落葉の上を駛(はし)った」
⑤ くぼみや穴がたくさんあるさまを表わす語。
※犬喧嘩(1923)〈金子洋文〉一「店にぢっと坐って、ふけのやうな塵埃(ほこり)で白くてぼこぼこした街路を眺めてゐることは」
[2] 〘形動〙 土、地面、木などがやわらかくてへこみやすいさま。ぼくぼく
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「自転車は這裏(こっち)へ置いといて上げませう、那辺(そっち)はボコボコの土だから」
[3] 凹凸があること。ぶつぶつ。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「糊代りに使った飯粒のボコボコを見せて、貼らさってあった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼこぼこ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぼこぼこの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation