@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぼろぼろ【ボロボロ】

デジタル大辞泉

ぼろ‐ぼろ
[副](スル)
粒状の物がこぼれ落ちるさま。「飯粒をぼろぼろ(と)こぼす」「大粒の涙をぼろぼろ(と)こぼす」
もろく崩れたり、砕けたりするさま。「この岩はすぐぼろぼろ(と)砕ける」
水分や粘りけがなく、ばらばらになっているさま。「ぼろぼろ(と)した冷や飯」
知られていなかった事実が次々と表に出るさま。「余罪がぼろぼろ出てくる」
[形動]
ひどくいたんでいるさま。「ぼろぼろな本」「ぼろぼろな社屋」
水分がなく、ばらばらであるさま。「乾いてぼろぼろになったパン」
心身とも疲れきっているさま。「身も心もぼろぼろだ」
[アクセント]ロボロ、はボロボロ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼろ‐ぼろ
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① くだけた物や粒状の物が激しくこぼれ落ちるさまを表わす語。
※続無名抄(1680)下「世話字尽〈略〉暮露暮露(ボロボロ)
② 涙が激しくこぼれ落ちるさまを表わす語。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「老婢は忽ち点々(ボロボロ)と涙を零した」
③ 破れているさまを表わす語。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[2] 〘形動〙
① 物がひどくこわれているさま。また、衣服などがひどく破れているさま。転じて、心身が疲れきっているさま。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「衣服襤褸(ランル)(〈注〉ボロボロニヤブレル)なりしが」
② 水分が不足で粘りけがなかったり、ばらばらになったりしているさま。
※土(1910)〈長塚節〉一八「寧ろ粗剛(こは)いぼろぼろな飯よりも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼろぼろ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぼろぼろの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation