@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぼんぼり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ぼんぼり
とも書く。古い灯火具の一種手燭燭台に紙,などを張った火袋 (ほぶくろ) を取付けたもの。手燭は手元足元照明に用い,燭台は室内照明用として客室寝室に用いたが,ろうそくの火が消えないようにする火袋は,一般に上下の開いた6角筒のもので,なつめ形やみかん形もある。現在は三月節供雛壇のほか,祭礼などで道路に飾られることもある。ぼんぼりとは「ほんのり」の語の転訛といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼんぼり
[1] 〘副〙 うすくすけてぼんやり見えるさま、はっきりしないさまを表わす語。ほんのり。ほっかり。
※玉塵抄(1563)三五「ほんほりとつくったぞとを山にうすうけむりや霞のかかった如なぞ」
[2] 〘名〙
① (雪洞) 木や竹のわくに白い紙を張り、その一部に窓をあけ、茶炉(ちゃろ)などの上をおおうもの。せっとう。〔書言字考節用集(1717)〕
② (雪洞) 紙または絹張りのおおいのある手燭。また、柄(え)をつけ、その下端に台座をつけた小さな行灯(あんどん)。火をおおう部分が、六角形の下方が少しつぼまったものや円筒形のものなどがある。せっとう。
※俳諧・桜川(1674)春二「ほんほりの影丸綿や春の月〈一雪〉」
③ 中啓(ちゅうけい)の扇の一種。親骨の先端を内側に反らせて中広がりとしたもの。近世の宮廷で用いた。ぼんぼり扇。
※類聚名物考(1780頃)装飾部二「ぼんぼり 扇の上の小口のしまらずはつとして六七分計もひらき有るを云ふ」
④ 耳の垢を掃う道具。頭部を羽で作って柄をつける。耳はらい。丁子棒(ちょうじぼう)。〔書言字考節用集(1717)〕
⑤ 干鱈や干鯛の身をゆでてほぐし、みりんと塩で味をつけていりあげたものを、高坏などに中高に盛った料理。白魚のすりみにつなぎを加えて丸めた椀種もいう。〔庖丁聞書(室町末か)〕
※俳諧・雀子集(1662)四「踊らうとぼんぼりや着た婆出立」
⑦ 毛糸や羽毛などで作った丸い房。また、丸い房状のもの。ポンポン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼんぼり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぼんぼりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation