@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぽっかり【ポッカリ】

デジタル大辞泉

ぽっかり
[副]
口・目・穴などが大きくあいているさま。「ほら穴がぽっかり(と)口をあけている」
ほっかり2」に同じ。「障子にぽっかり(と)灯がともる」
ほっかり3」に同じ。「太陽が雲間にぽっかり(と)顔を出す」
軽く浮かんでいるさま。「空に雲がぽっかり(と)浮かぶ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぽっかり
大きな口をあけるさま。 うつろな目で-口をあけている
大きな割れ目や穴があいているさま。 道路に大きな穴が-(と)あいている
軽く浮かんでいるさま。 -(と)浮かんだ白い雲
あたたかいさま。 -暖い室の空気に/うづまき

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぽっかり
〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 口や目、あるいは穴などの大きくあいているさまを表わす語。ほっかり。
※狂歌・狂言鶯蛙集(1785)六「十三夜月もさしでの磯ぎはにぽっかり口をあきのはまぐり」
② =ほっかり
※歌舞伎・曾我綉侠御所染(御所五郎蔵)(1864)序幕「百両といふ大金をぽっかりとお渡しなさる」
③ =ほっかり
※滑稽本・七偏人(1857‐63)四「冠りたる鬘をぽっかり採って見せ」
④ =ほっかり
※金(1926)〈宮嶋資夫〉四「車の中はぽっかりと暖かだった」
⑤ 水面や空に、軽々と浮かんでいるさまを表わす語。
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「涙に美しく濡れて夕月のやうにぽっかりと列(なら)んでゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぽっかり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぽっかりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation