@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぽっつり【ポッツリ】

デジタル大辞泉

ぽっつり
[副]ぽつり」を強めていう語。「大粒の雨がぽっつり(と)ほおに当たる」「ぽっつり(と)弱音をもらす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぽっつり
小さなものがただ一つだけあるさま。ほんのわずかであるさま。ぽつり。 くはへ烟管ぎせるの火を-紅く見せながら/田舎教師 花袋
大粒の雨がまばらに降るさま。 水滴が-(と)おでこに当たった

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぽっつり
〙 (「ぽつり」を強めたいい方。「と」を伴って用いることもある)
① 大粒の雨がまばらに降るさまや、水滴などのしたたり落ちるさまを表わす語。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉二二「雨はぽッつりと白糸の面を打てり」
② 穴などが一か所だけあくさまを表わす語。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一二「身をもがくはづみに入髪がぽっつりぬけ出て」
③ 伴うものがなくただそれだけがあるさま、また、わずかであるさまを表わす語。
※不言不語(1895)〈尾崎紅葉〉四「御座敷に孑然(ポッツリ)と唯二人」
④ そのものだけが小さく浮き上がり、鮮明に見えるさまを表わす語。
田舎教師(1909)〈田山花袋〉三一「くはへ烟管(ぎせる)の火をぽっつり紅く見せながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぽっつり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぽっつりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation