@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

まうし【マウシ】

デジタル大辞泉

まうし[助動]
[助動][○|まうく・まうかり|○|まうき|まうけれ|○]動詞の未然形に付く。希望しない意を表す。…したくない。…するのがいやだ。
「この君の御童姿、いと変へまうくおぼせど」〈桐壺
[補説]希望の助動詞「まほし」の反対のを表す語で、「ま憂(う)し」の意。希望の助動詞「まほし」が「ま欲し」と理解され、その類推として成立した。推量の助動詞「む」の未然形「ま」に接尾語「く」が付き、さらに、形容詞「憂し」が付いた「まくうし」の音変化とみる説もある。中古・中世の仮名文学を中心に用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まうし
〘助動〙 (活用は「◯・まうく(まうかり)・◯・まうき・まうけれ・◯」。ク活用型活用(動詞型活用の未然形に付く)) その動作をするのに、気分が進まないという意を表わす。それをする気がおこらない。…したくない。
※蜻蛉(974頃)中「いと返り事せまうけれど、『なほ年の始めに腹立ちなそめそ』など言へば」
[語誌](1)平安中期から鎌倉時代まで用いられた。用例はあまり多くない。「まほし」の反対語。
(2)語源については、「まほし」が「まく欲し」から出たと同様、「まく憂し」から変化したと考えられる。しかし、「まく憂し」の形は実例がないので、「まほし」の成立後、その類推によって生じたものと見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まうし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

まうしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation