@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

まくまく

精選版 日本国語大辞典

まく‐まく
〘名〙 =まにま(随)
※万葉(8C後)一八・四〇九八「大君の 任(け)の麻久麻久(マクマク) この川の 絶ゆることなく」
[補注]用例の原文「麻久麻久」を「麻尓麻尓」の誤写とする説もあるが、例歌の作者大伴家持の誤用による語と考えられている。すなわち、「万葉‐三二七二」の「天雲の 行莫々(ゆくらゆくらに) 蘆垣の 思ひ乱れて」の「行莫々(ゆくらゆくらに)」を「行きのまくまく」と誤読した家持が「行きのまにまに」と同意と考えたことによるという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まく‐まく
〘副〙 暗いさま、目がくらむさま。
※志不可起(1727)「まくまく くらきを云に膜々(マクマク)か」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まくまく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

まくまくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation