@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

まざまざ【マザマザ】

デジタル大辞泉

まざ‐まざ
[副]
まるで目の前にあるかのようにはっきりとしているさま。ありあり。「あのときの事がまざまざとまぶたに浮かぶ」
ある事を確かな事実として、身にしみて感じるさま。はっきり。つくづく。「自分の力不足をまざまざ(と)思い知らされる」「現実の厳しさをまざまざ(と)見せつけられる」
まことしやかに。巧みに。うまうまと。
「知れてある年を―と五つ隠されし」〈浮・二十不孝・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まざ‐まざ
〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 目の前に見るようなさま、まがう方なく明瞭であるさまを表わす語。まさしく。現実に。ありあり。
※玉塵抄(1563)一一「面欺はめの前まざまざと欺く心ぞ」
※俳諧・独こと(1718)下「まざまざといますがごとしたままつり」
② それとはっきりしていること、わかりきっていることを、まことしやかにするさまを表わす語。ぬけぬけ。
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)一「今年廿六なるを三十一になりますと、知れて有年をまざまざと五つ隠されし」
③ よくない事や意に反する事がまさしく現実になるさま。どうにもできないうちに、また、何もしないままに事が実現する場合にいう。みすみす。いたずらに。
※浮世草子・武道伝来記(1687)三「瓢箪をもって来れば、まざまざと水を飲では死(しな)ぬ物をと悔む」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まざまざ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

まざまざの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation