@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

まし【マシ】

デジタル大辞泉

まし[助動]
[助動][(ませ)ましか|○|まし|まし|ましか|○]動詞・助動詞の未然形に付く。
反実仮想を表す。
㋐多く上に「ませば」「ましかば」「せば」などを伴って、事実に反する状態を仮定し、それに基づく想像を表す。もし…だったら…だろう。
「草枕旅行く君と知らませば岸の埴生(はにふ)ににほはさましを」〈・六九〉
㋑事実とは反対の状態を想像して希望する意を表す。もし…ならよかったのに。
「思ひけむ人をぞともに思はましまさしやむくひなかりけりやは」〈古今・雑体〉
上に疑問語を伴って、疑いためらう気持ちを含む意志を表す。…しようかしら。…したものだろうか。
「これになにを書かまし」〈・三一九〉
「あな恋し行きてや見まし津の国の今もありてふ浦の初島」〈後撰・恋三〉
推量・決意を表す。…だろう。…う(よう)。
「やがて失(う)せぬる人にてこそあらましか」〈宇津保・俊蔭〉
「飛騨たくみほめてつくれる真木柱たてし心は動かざらまし」〈賀茂翁家集〉
[補説]未然形「ませ」「ましか」は「ば」を伴って、「ませば」「ましかば」の形で用いられるが、「ませ」は主に奈良時代に用いられ、平安時代以降は和歌以外には用いられなくなる。また、已然形「ましか」は、ほとんど係助詞「こそ」の結びとして用いられる。3は主として中世以降、擬古文などで「む」と同じ意味で使われる用法である。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まし[助動]
[助動]ませ[助動]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まし
( 助動 ) ( (ませ) ・ ○ ・まし ・まし ・ましか ・ ○ )
推量の助動詞。実際はそうでないことを前提にして推量する意を表す。用言および助動詞の未然形に接続する。
(多く「…ませば…まし」「…ましかば…まし」「…せば…まし」などの形で、仮定の条件句を作り、または仮定条件句と呼応して)現実でない事態を想像する意を表す。もし…であったら、…であろう。 「悔しかもかく知らませばあをによし国内くぬちことごと見せましものを/万葉集 797」 「なほ春のうちならましかば、いかにをかしからまし/枕草子 41」 「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし/古今 春上」 「けふ来ずはあすは雪とぞ降りなまし消えずはありとも花と見ましや/古今 春上
(仮定条件句を伴わないで)現実にない事態を想像し、仮にそのような事態が実現すればよいと望む意を表す。できれば…とよい。できるなら…であってほしい。 「見る人もなき山里の桜花ほかの散りなむ後ぞ咲かまし/古今 春上」 「よろしき親の思ひかしづかむにぞ尋ね出でられ給はまし/源氏 常夏
(疑問の助詞や疑問の語と呼応して)その実現の不確かさを嘆いたり、またその実行を思い迷ったりする意を表す。…だろうかしら。…したらよかろうか。…したものかしら。 「なほこれより深き山を求めてや跡絶えなまし/源氏 明石」 「雪降れば木ごとに花ぞ咲きにけるいづれを梅とわきて折らまし/古今
助動詞「む」とほぼ同じ意味で、単なる推量や意志を表す。中世以降の用法。 「行き暮れて木の下蔭を宿とせば花や今宵の主あるじならまし/平家 9」 「わが身のこと知らぬにはあらねど、すべき方のなければ、知らぬに似たりとぞいはまし/徒然 134」 〔 (1) 「まし」は、助動詞「む」を形容詞型活用の語にしたものといわれている。 (2) 未然形「ませ」は中古以降次第に用いられなくなる。已然形「ましか」は中古に発生したもので、已然形のほかに、未然形にもこの形を認める説もある〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まし
( 助動 )
〔丁寧の助動詞「ます」の命令形〕
(「いらっしゃる」「おっしゃる」「くださる」「なさる」「申す」「召す」などの動詞の連用形に付いて)相手に対して、その動作をするようにという要求を、丁寧の気持ちを含めて言い表す。 「お気を付けなさいまし
挨拶あいさつの語句に用いて、語調を丁寧にする。 「行ってらっしゃいまし」 〔助動詞「ます」のもう一つの命令形「ませ」に比べて、「まし」の方がややくだけた言い方として用いられる〕 → ませ(助動)ます(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まし
〘助動〙 (活用は「ませ(ましか)・〇・まし・まし・ましか・〇」。用言・助動詞未然形に付く。推量の助動詞)
[一] 事実に反する事態、または事実と矛盾するような事態の想像を表わす。
① (仮定の条件句を作り、または仮定条件句と呼応して) 現実でない事態を想像する。もし…であったら、…であろう。「ませば…まし」「ましかば…まし」「せば…まし」の類型が多い。逆接の仮定条件の句をうけた「…とも…まし」の呼応の例も中古には見える。
※古事記(712)中・歌謡「一つ松 人にありせば 大刀(たち)佩け麻斯(マシ)を 衣(きぬ)着せ麻斯(マシ)を 一つ松 あせを」
※古今(905‐914)春上・六三「けふ来ずはあすは雪とぞ降りなまし消えずはありとも花と見ましや〈在原業平〉」
② (仮定条件句を伴わないで) 現実にない事態を想像し、それが現実でないことを惜しむ意を表わす。
※古今(905‐914)秋上・二三六「ひとりのみ眺むるよりは女郎花(をみなへし)我が住む宿に植ゑて見ましを〈壬生忠岑〉」
③ (疑問の助詞や疑問語と呼応して) その実現の不確かさを嘆き、また実行を思い迷う意を表わす。…だろうか。…したらよかろうか。
※万葉(8C後)二・一五九「神岡の 山の紅葉を 今日もかも 問ひ給は麻思(マシ) 明日もかも 召し給は万旨(マシ)
※源氏(1001‐14頃)花宴「いかにせましと思しわづらひて」
[二] 中世以降の擬古文や歌で、「む」とほぼ同じ推量や意志を表わすのに用いる。
※新古今(1205)恋四・一三〇四「思ひかねうち寝(ぬ)る宵もありなまし吹きだにすさべ庭の松風〈藤原良経〉」
[語誌](1)語源については助動詞「む」の形容詞的な派生とするのが通説である。
(2)未然形「ませ」は、中古以降次第に使われなくなる。已然形「ましか」は中古に発生したもので、已然形のほかに未然形にもこの形を認める説がある。
(3)中古においては、和文文学作品の会話・心話に多く用いられた。漢文訓読にも用いられるが、さほど多くない。中世以降は、擬古文に用いられ、口頭語の世界からは姿を消すことになる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ましの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation