@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

まじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

まじ
主として九州東側,瀬戸内および四国地方で吹く局地風の名称。または南寄りの風。温暖で多湿な南風で夏の季節風をさす。「じ」は風のこと。九州や四国地方では「まぜ」,山陰地方や九州の一部では「はえ」ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まじ[形動]
[形動]《「まじめ」の》本気であるさま。本当であるさま。「まじな話」「まじ、うざい」→がち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まじ[助動]
[助動][まじから|まじく・まじかり|まじ|まじき・まじかる|まじけれ|○]《上代語「ましじ」の音変化》活用語の終止形に付く。ただし、ラ変型活用語には連体形に付く。
打消しの推量の意を表す。…ないだろう。…ないに違いない。
「唐(から)の物は、薬のほかは、なくとも事欠くまじ」〈徒然・一二〇〉
打消しの意志の意を表す。…ないつもりだ。…するつもりはない。
「ゆめゆめ粗略(そらく)を存ずまじう候」〈平家・七〉
否定されることが当然であることを表す。…するはずがない。…ないのが当然だ。
「いとあるまじきことと思ひ離れにしを」〈・葵〉
不可能の推量の意を表す。…できそうもない。…できないようだ。
「げにえ堪ふまじく泣い給ふ」〈・桐壺〉
不適当・禁止の意を表す。…しないほうがよい。…てはならない。…するな。「警官としてあるまじき行為だ」
「後世を思はん者は、湛汰瓶(じんだがめ)一つも持つまじきことなり」〈徒然・九八〉
[補説]「まじ」は「べし」の打消しと考えられる。平安時代以降、漢文訓読文の「べからず」に対して、和文では「まじ」が用いられたが、中世、連体形「まじき」のイ音便形「まじい」が現れ、新しく生じた「まい」に押されてしだいに衰えた。現代語では、5で「あるまじき」という形で用いるだけである。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まじ

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まじ
形動
まじめ(真面目)の略
まじめなさま。 お梅はしじう-で居る/洒落本・にやんの事だ
(主に若者言葉で)本当であるさま。また、本気であるさま。 -になる -な話 上昇調で感動詞的にまじ(で)?と使われたり、程度強調の副詞としてまじ、むかつくのように使われることがある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まじ
助動 まじから ・まじくまじかり ・まじ ・まじきまじかる ・まじけれ ・ ○
上代語のましじから転じたもの。中古以降の語
打ち消し推量の助動詞。動詞およびそれと同じ活用型の助動詞の終止形に接続する。ただし、ラ行変格活用の動詞、およびそれと同じ活用型の語には連体形に接続する。推量の助動詞「べし」の打ち消しの言い方に相当するもの。
強い打ち消しの推量の意を表す。…ないだろう。…そうもない。 それもただ、雀などのやうにつねにある鳥ならば、さもおぼゆまじ/枕草子 41 なきあとまで人の胸あくまじかりける人の御覚えかな/源氏 桐壺 さて冬がれのけしきこそ秋にはをさをさ劣るまじけれ/徒然 19
打ち消しの当然の意を表す。…ないにちがいない。…するはずがない。 かのくに人きき知るまじくおもほえたれども/土左 何とわくまじき山伏などまで惜しみ聞こゆ/源氏 薄雲 この川は近江の湖の末なれば、待つとも待つとも水干まじ/平家 9
強い打ち消しの意志を表す。…ないつもりだ。…ないでおこう。 み命のあやふさこそおほきなるさはりなれば、猶つかうまつるまじきことを/竹取 ただ今は見るまじとて入りぬ/枕草子 82
不適当なこと、あるいは禁止する意を表す。…ないほうがよい。…してはよくない。…してはならない。 といふものこそ男の持つまじきものなれ/徒然 190 中にもあるまじからん振舞はよくよく慎しむべし/十訓 5 それにもうちとけたまふまじ/平家 1
不可能だという意を表す。…できないだろう。…できそうもない。 ここにおはするかぐや姫は、重き病をし給へば、えいでおはしますまじ/竹取 公卿といへど、この人の覚えに、必ずしも並ぶまじきこそ多かれ/源氏 胡蝶 (1) まじは和歌にはほとんど用いられない。 (2) 中世以降、未然形に接続する例が多く見られるようになる。一人も助けまじきものを/平治 さもあらば、今宵二十七日月もなき夜こそ人もしらまじ/浮世草子・一代男 2 (3) 中世以降、口語では、連体形まじきの音便の形から生じたまじいの形が用いられるようになり、さらにまいの形が用いられるようになる。 (4) 連体形まじきは、現代語でも時に用いられることがある。それは警察官としてあるまじき行為だまじい助動まい助動

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

まじ
まじ / 真風
各地で「まじ」「まぜ」「まかぜ」とよばれる風を調べてみると、その風向がまちまちなので、風向による風の固有名ではないことがはっきりする。まじの語源には諸説あるが、ある場所、ある季節に吹く、その場所でもっとも重要な風がまじ・まぜなどという呼称でよばれていると思われる。まかぜ・まじをよい風の意味に解釈している説もあるが、実際には警戒すべき強風についていわれている場合もあり、かならずしもよい風であるというわけにはいかない。
(1)まかぜ 石川県・福井県および京都府では、冬にとくに多い北寄りの強風をいう。この場合「たまかぜ」からの転化であるという説もある。富山県氷見(ひみ)市藪田(やぶた)では春の南の最強風をまかぜとよんでいる。岩手県宮古市では西風をいう。
(2)まじ 南ないし南西の風。四国・九州東岸・山陰・瀬戸内にかけていう。
(3)まぜ 真風(まぜ)として古くは西風もしくは南西の風がよばれたが、地方名としては大阪・愛知・徳島・和歌山の各府県などでは南風をいい、岡山・高知両県と東京の八丈島などでは南西風をいう。[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まじ
〘名〙 (形動) 「まじめ(真面目)」の略。
洒落本・にゃんの事だ(1781)「気の毒そふなかほ付にてまじになり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まじ
〘助動〙 (活用は「〇・まじく・まじ・まじき・まじけれ・〇」。補助活用は「まじから・まじかり・〇・まじかる・〇・〇」。動詞型活用語の終止形に付く。ただし、ラ変型活用語(形容詞・形容動詞)には連体形に付く。→語誌) 「べし」の打消に相当し、推量・意志などの強い打消を表わす。
① 不適当であるとの判断、または、しないことが当然・義務である意を表わす。…ないほうがよい。…のはずがない。…べきでない。
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「為不(マジキ)行を為言ふ不(マジキ)行を為」
※土左(935頃)承平五年二月一六日「かくて京へ行くに、島坂にてひとあるじしたり。必ずしもあるまじきわざなり」
② 禁止、または、しないことを勧誘する意を表わす。…ないようにせよ。
※落窪(10C後)三「三日は、爰のものは外へは持ていくまじ」
③ 否定的な意志を表わす。…しないでおこう。…しないつもりだ。
※竹取(9C末‐10C初)「み命のあやうさこそおほきなるさはりなれば、猶つかうまつるまじきことを」
※平治(1220頃か)中「にくいやつばら。一人もあますまじ」
④ 否定的な推量の意を表わす。否定的に予想し、また推定する。きっと…ないだろう。…ないに違いない。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)「十千の魚有りて、日の為に暴(さら)されて、将に死なむこと久しくある不(マジ)
※竹取(9C末‐10C初)「重き病をし給へば、え出おはしますまじ」
⑤ 不可能だという判断を表わす。…できないだろう。
※竹取(9C末‐10C初)「なほ、この女見では、世にあるまじきここちのしければ」
[語誌](1)上代語の「ましじ」の変化したもので、中古になって成立した。「ましじ」と「まじ」には、接続・意味・用法において類似性が認められる。「ましじ」から「まじ」への変化は、類音が連続した場合、一方が落ちるという傾向によるものであろう。
(2)中古においては、和文の散文に見られ、和歌や漢文訓読資料においてはあまり見られない。中世以降、口頭語では次第に「まじい」「まい」が勢力を広げ、「まじ」は徐々に衰退していく。
(3)一般に、「まじ」は「べし」の否定であるといわれ、対応が注意されているが、接続・意味・文法機能において共通性が認められる。原則的に両者が承接しないことも注意される。
(4)接続は、中世以後、口語「まい」の接続の混乱が「まじ」にも及び、特に未然形に付く例が多くみられる。「金刀比羅本平治‐下」の「一人も助けまじき物を」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まじ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

まじの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation