@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ます【マス】

デジタル大辞泉

ま・す[動]
[動サ下二]ませる」の文語形

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ます[助動]
[助動][ませ・ましょ|まし|ます|ます|(ますれ)|ませ・まし]動詞、助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」の連用形に付く。
丁寧語として、聞き手に対する敬意を表す。「山登りに行って来ました」「何かお手伝いすることがありますか」「使いの者を伺わせます」→ませ
謙譲語として、動作の及ぶ相手に対する敬意を表す。
「其上馬には子細が御ざる、かたってきかせませう」〈虎明狂・牛馬
[補説]室町時代以降の語で、古くは未然形に「まさ」、終止・連体形に「まする」、命令形に「ませい」が用いられることもある。その成立については、「座(ま)す」「申す」「おはす」を起源とする説があるが、「まゐらす→まらする→まるする→まっする→まっす→ます」と変化したものを本流とみる説が有力である。仮定形「ますれ」はほとんど用いられず、代わって「ますなら」が多く使われる。命令形「ませ」「まし」は、「どうぞお入りくださいませ」「お早くお召し上がりくださいまし」のように、敬語動詞にしか付かない。「ます」を含んでいる文体を敬体とよび、常体の「だ・である体(調)」に対し、「です」とともに「です・ます体(調)」とよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ます
下二

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ます
助動 ませましよ ・まし ・ます ・ます ・ますれ ・ませまし
動詞、および助動詞「れる・られる」「せる・させる」などの連用形に接続する。ただし、命令形「ませ(まし)」は、ただ「いらっしゃる」「くださる」「なさる」などの敬語動詞にしか付かない。
丁寧の助動詞で、聞き手に対する丁寧な気持ちを表す。 その本はまだ読んでいませ 来年になりますれば、時間的にも多少余裕ができますものと期待しております おからだには十分お気をつけてくださいませ
謙譲語として、動作の及ぶ相手に対する敬意を表す。…し申しあげる。…てさしあげる。 此おたちをたしかにとどけませい、えい/狂言・武悪 せめて一たびのぼりまして見ましたい/咄本・正直咄大鑑 (1) 中世後期以降の語。まゐらするからまらするまっする(またはまいするまするなどの形を経て成立したもの。活用形や意味・用法の上で、申すなどの語の影響を受けているかともみられる。 (2) 活用は、古くはサ変型であったが、近世中期以降、しだいに現在のようになっていった。なお、近世には未然形にまさの形も見られる。世をしのぶお身なれば一所に置きまされず/浄瑠璃・菅原 (3) 古くはの意味で用いられたが、近世初期以降しだいに の意味が一般的になっていった。現代語ではもっぱらの意味に用いられる。 (4) 古くは、終止・連体形にまする、命令形にませいの形もあった。→まするませい。 (5) 仮定形ますれは、仮定の条件を表す用法ばかりではなく、時に既定の条件を表すこともある。かうして相変らずお上の物を食べてゐて見ますれば/高瀬舟 鷗外

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ま・す
〘自サ下二〙 ⇒ませる

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ます
〘助動〙 (活用は、現代語では「ませ(ましょ)・まし・ます・ます・(ますれ)・ませ(まし)」。終止形・連体形には、古くは「まする」を用いるなど、活用の仕方は時代によって相違がある。動詞、助動詞連用形に付く。→語誌)
① (謙譲語) 動作の及ぶ相手に対する敬意を表わす。…し申し上げる。…てさしあげる。
※四河入海(17C前)二三「馬にうちのせてつれまして行らうと云て咲ぞ」
※浮世草子・風流曲三味線(1706)五「順慶町のおらん殿が、御血の道とやらで御目が眩(まい)ますと申て」
② 聞き手に対する丁寧な気持を表わす。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「アリマ シュリ mǒximasuruua(マウシマスルワ) センジッタ ゴネンゴロノ ヲツカイ カタジケナウ ゴザル」
※虎明本狂言・河原太郎(室町末‐近世初)「酒はあまりくさうて、のまれますまひ程に」
[語誌](1)「参(まい)らする」が「まらする」「まっする」または「まいする」などの形を経て変化したものであるが、活用形・意味用法などの上で、「申す」などの影響も受けているものと考えられる。
(2)近世初期においては、「まらする」の活用を受けて、「ませ・まし・ます(る)・まする・ますれ・ませい(ませ)」というサ変型活用であったが、近世中期以後、終止・連体形は次第に「ます」に代わるようになった。また、未然形に「まさ」、已然形(仮定形)に「ませ」という四段型活用の例もまれに現われている。
(3)現代語では、もっぱら②の意味で用いる。
(4)打消には、現代では「ません」がふつうであるが、近世には「ませなんだ」「ましない」もある。→ましないませなんだません
(5)命令形に当たる表現には「ませい」の形もあり、近世末期には、一種の尊大な命令として用いられた例がある。→ませい
(6)命令形の「ませ」「まし」は、「あそばす」「ごろうじる」「なさる」「めしあがる」など、敬語の動詞に付いて尊敬表現に用いられるが、現代語では「いらっしゃる」「おっしゃる」「くださる」「なさる」の四語に付く場合に限られ、また、「まし」よりも「ませ」が共通語と感じられている。
(7)丁寧語「ます」は近世初期に一般化しはじめたと見られる。①の挙例「四河入海」、②の挙例「ロドリゲス日本大文典」は時期の早い例なので、誤脱などの疑いもかけられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ます」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ますの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation