@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ませ【マセ】

デジタル大辞泉

ませ[名・形動]
[名・形動]《動詞「ませる」の連用形から》年齢の割におとなびていること。また、そのさまや、そのような人。早熟。→おませ
「女は―な物ではあり」〈一葉十三夜

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ませ[助動]
[助動]《丁寧の助動詞「ます」の命令形》
丁寧の気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意を表す。「どうかお許しくださいませ
丁寧の気持ちを込めて挨拶する意を表す。「ごめんくださいませ
[補説]12とも「いらっしゃる」「くださる」「なさる」などの尊敬語に付いて用いられる。また、「まし」となることもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ませ
名 ・形動 [文] ナリ 
動詞ませるの連用形から
ませていること。子供が年齢のわりに大人びていること。また、そのさま。そのような子供をもいう。早熟。おませ。 お-な女の子 おませの形で用いることが多い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ませ
助動
丁寧の助動詞ますの命令形
「いらっしゃる」「おっしゃる」「くださる」「なさる」「申す」「召す」などの動詞の連用形に付いて、相手に対して、その動作をするようにという要求を、丁寧の気持ちを含めて言い表す。 くれぐれも御自愛くださいませ 十分お気をつけなさいませ
挨拶あいさつの語句に用いて、語調を丁寧にする。 お帰りなさいませ は、元来、よくお帰りなさいましたのような言い方の省略した形お帰りなさいを、命令の言い方と混同して、それにますの命令形ませを付けて、丁寧な気持ちを添えようとしたところからできたものまし助動ます助動

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ませ
〘名〙 (動詞「ませる」の連用形の名詞化) ませていること。子どもなどが年齢の割に大人びていること。こざかしいこと。また、その人。早熟。おませ。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「盗(ぬすみ)かはくは何奴(どいつ)じゃい、ませの自然生(じねんじょ)めか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ませ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ませの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation