@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

みずほフィナンシャルグループ(株)【みずほふぃなんしゃるぐるーぷ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

みずほフィナンシャルグループ(株)
みずほふぃなんしゃるぐるーぷ
みずほ銀行、みずほ証券、みずほ信託銀行を中核会社とし、総資産189兆円(2015年3月末時点、連結ベース)に達する世界有数の総合金融グループ、またはその持株会社傘下にはほかに、シンクタンク、投資顧問会社、プライベートバンクなどを抱える。1999年(平成11)に第一勧業銀行富士銀行日本興業銀行の3行が事業統合に合意し、翌2000年(平成12)9月に3行を母体とする金融グループ「みずほフィナンシャルグループ」が誕生した。みずほ(瑞穂)は「みずみずしい稲穂」の意味で、古来、日本を象徴する美称であり、日本を代表する金融機関になるという意味が込められている。同グループは1990年代のバブル経済崩壊期に政府から注入を受けた公的資金を2006年に完済し、同年11月にはニューヨーク証券取引所に上場した。みずほフィナンシャルグループの誕生は、日本の大手銀行を同グループのほか、三井住友(みついすみとも)フィナンシャルグループ、三菱(みつびし)UFJフィナンシャル・グループの三大勢力に再編する契機となり、保険・証券会社を含む日本の金融再編を促すきっかけとなった。また旧財閥の枠を超え、鉄鋼、造船、化学、ゼネコンなどの産業界の再編を誘発した。
 グループ設立後は、2002年に持株会社の傘下にあった第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行を、個人取引中心のみずほ銀行と、大企業や海外を取引先とするみずほコーポレート銀行の2行に再編した。2003年には、新たに持株会社みずほフィナンシャルグループを設立し、2005年に子会社株式をすべてみずほフィナンシャルグループへ集約した。傘下の証券・信託子会社も順次合併し、みずほ証券、みずほ信託銀行に集約。このように同グループは持株会社方式をとりながら、母体3行別々であった組織を段階的に再編・統合する手法をとった。しかし再編・統合の緩やかな動きが遠因となって、システム再編が遅れ、2002年と2011年に大規模なシステム障害を起こし、顧客離れを招いた。このため2013年には、みずほ銀行とみずほコーポレート銀行を合併し、銀行業務をみずほ銀行に集約した。[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みずほフィナンシャルグループ(株)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

みずほフィナンシャルグループ(株)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation