@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

みぞれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

みぞれ
sleet
が同時に混ざる降水氷雨ともいう。気温が非常に低いときには起こらず,地上気温が 0~5℃で見られることが多い。冬の初めと終わりに多い。天気予報では「雨または雪」「雪または雨」と表現することが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

みぞれ
みぞれ / 霙

溶けつつある雪、あるいは雨や霧雨と雪が入り混じって降ること。雨から雪に変わったり、逆に雪が雨になる際に現れることが多く、長時間みぞれが降ることはまれである。気温は0℃に近いが、すこし高い場合が多い。雲から降ってくる途中で、雪は気温が0℃の面に達すると溶け始めるが、完全に雨に変わるには時間がかかるためである。みぞれが降る際の気象レーダーのPPIスコープには、リング状の強いエコーが現れることがあって、ブライトバンドbright bandとよばれる。雪が溶けかかると電波の反射が強くなるが、雨に比べて落下速度が小さいために生じる現象である。同じ気象レーダーのRHIスコープでは、地表に近い高さで、水平に伸びた幅をもった層になる。

[篠原武次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

みぞれ
」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

みぞれ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

みぞれの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation