@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

めげる【めげる】

大辞林 第三版

めげる
下一 [文] ガ下二 め・ぐ
現代では多く打ち消しの語を伴って用いる 気持ちがくじける。負ける。 困難に-・げずがんばる あまりの暑さに-・げたせゐか、人通りも今は一しきりとだえて/偸盗 竜之介
俗語 しょげる。がっかりする。 入試に失敗してだいぶ-・げている
こわれる。欠ける。 椀・折敷おしきの-・げるを構はず/浮世草子・一代女 5

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

め・げる
[動ガ下一][文]め・ぐ[ガ下二]
気力が失われる。負ける。ひるむ。「逆境にも―・げずがんばる」「へまをやらかしてすっかり―・げる」
こわれる。欠け損じる。
「かやうの類ごろつきて―・げるをかまはず」〈浮・五人女・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

め・げる
〘自ガ下一〙 め・ぐ 〘自ガ下二〙
① こわれる。欠け損じる。くだける。〔日葡辞書(1603‐04)〕
狂歌・後撰夷曲集(1672)九「ふしふしにかねをふせたる竹なれはつくともめけし鑓のなかえは」
② 気が弱る。元気がなくなる。ひるむ。萎縮(いしゅく)する。
※歌舞伎・壮平家物語(1806)二番目「酒さへ呑まして下されば、それにめげるのではござりませぬ」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉三「濃かな肉が、程よく色づいて、強い日光に負(メ)げない様に見える上を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めげる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

めげるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation