@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

めさまし草【めさましぐさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

めさまし草
めさましぐさ
文芸雑誌。『目不酔草』とも書く。 1896年1月~1902年2月。 56冊。森鴎外主宰。『しがらみ草紙』が鴎外の日清戦争参加のため休刊となっていたので,その後身として鴎外の帰国後発刊されたもの。『即興詩人』の続編など鴎外の作品を中心に,小金井喜美子幸田露伴落合直文斎藤緑雨尾崎紅葉ら当時一流の文学者を集め,特に鴎外,緑雨,露伴による『三人冗語』 (のち『雲中語』) は最も権威ある創作合評と目された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めさましぐさ【めさまし草】
文芸雑誌。明治29年(1896)1月創刊、明治35年(1902)2月廃刊。「しがらみ草紙」の後継誌で、森鴎外幸田露伴斎藤緑雨らの文芸評論としたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めさましぐさ【めさまし草】
明治期の文芸雑誌。1896年1月創刊,1902年2月終刊。全56冊。37号から《目不酔草》と表記。森鷗外の編集,めさまし社発行で,《しからみ草紙》の後身の位置を占める。斎藤緑雨,幸田露伴,鷗外の合評〈三人冗語〉,これに依田(よだ)学海,饗庭篁村(あえばこうそん),尾崎紅葉が加わった〈雲中語(うんちゆうご)〉は同時代批評の白眉とされる。竹柏園(ちくはくえん)系の短歌,正岡子規一門の俳句森槐南(もりかいなん),野口寧斎(ねいさい)の漢詩など韻文にも力を傾け,三木竹二の劇評とともに注目された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めさましぐさ【めさまし草】
文芸雑誌。1896年(明治29)創刊、1902年廃刊。通巻五六冊。森鷗外・幸田露伴・斎藤緑雨により「しからみ草紙」のあとを継いで発刊。「三人冗語」「雲中語」などの合評形式による文芸批評が特色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めさまし草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

めさまし草の関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation