@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

めしべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

めしべ
pistil
雌しべ。雌ずい (雌蕊) ともいう。種子植物の花の中心すなわち花の最も高いところに生じる葉の変形したもので,雌性の生殖器官。柱頭花柱子房の3部からできているが,そのおのおのの形や発達の程度はいろいろである。1枚の心皮から形成されているめしべは一心皮めしべ monocarpellary pistilという。また数枚の心皮が合して1つのめしべを形成していることもまれでなく,これを合生心皮めしべ syncarpous pistilという。柱頭は花粉を受け,花粉管が発芽して花柱を通り子房に到達する。子房は胚珠を蔵している。胚珠は胚嚢すなわち小胞子を含み,胚嚢はのちに卵細胞を生じるので,胚珠は雌性の胞子嚢にあたる。したがってめしべはシダ類の大胞子葉に相当する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めしべ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

めしべの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation