@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

もんじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

もんじゅ
日本原子力研究開発機構高速増殖炉原型炉。名称は釈迦仏の左脇侍の文殊菩薩にちなんだ。電気出力 28万kW。天然ウラン(→ウラン)に約 0.7%しか含まれないウラン235を燃料として消費する一般的な軽水炉に対し,高速増殖炉は発電中に,残りの約 99.3%のウラン238を,核分裂連鎖反応を引き起こすプルトニウム239(→プルトニウム)に順次,転換する。使用済み燃料を再処理して新たな燃料を創出できるため,増殖炉と呼ばれる。核分裂で生じる中性子を高速のまま利用するため,減速効果のある水の代わりに高温によって溶けた液体ナトリウムを冷却材として使う。「もんじゅ」は,日本原子力研究開発機構の前身,動力炉・核燃料開発事業団によって福井県敦賀市で 1985年に着工され,1991年に機器据え付け完了。1994年に初臨界(→臨界)を迎えたが,1995年,性能試験のための運転中に二次冷却系配管でナトリウム漏洩事故が発生(→原子力発電所事故)。事故当初,ナトリウムが建物内に飛散する様子を撮影していたにもかかわらず公表せず,地元住民らの信頼を大きくそこねた。2010年に性能試験を再開したが,約 2ヵ月間の基本試験を終えたのち,炉内中継装置と呼ばれる燃料棒交換用の装置を原子炉容器内に落下させる事故を起こし再び停止した。2012年には保安規定に基づく機器の点検漏れが約 1万個あったことなどが発覚し,2013年,原子力規制委員会の出した改善命令により,すべての機械の安全管理体制の見直しを行なうまで運転再開準備作業に着手できなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんじゅ

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

知恵蔵

もんじゅ
もんじゅ廃炉」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

もんじゅ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

もんじゅの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation