@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

もんぺ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

もんぺ
労働着として用いられる下体衣。多く農山村における男女が,仕事着に用いる四幅 (よの) 型の山袴一種両脚に分れ,腰,ゆとりがあり,が細く絞られている。木綿サージなどでつくられ,無地のほか,などの柄物もある。東北地方,日本海側,中部地方などの寒冷地でよく用いられたが,第2次世界大戦中は上下二部式標準服の下体衣として,全国的に女性に着用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もんぺ
山袴(やまばかま)の一種。の形をして足首の所でくくるようにした、ももひきに似た労働用の衣服。主に農山村の女性が用いる。防寒用を兼ねる。もんぺい 冬》「―穿(は)き傘たばさみて子規墓参/虚子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんぺ
山袴の一種。もんぺの名称が全国的に一般化したのは,第2次世界大戦中に婦人標準服の活動衣として着用が奨励されてからである。それ以前は主として東北地方および一部農山村地帯の農民の労働着,あるいは日常の家着として男女にかかわらず着用されていた。語源については不明な点が多く,文献にもあまり見られない。宮本勢助は《山袴の話》(1937)の中で,山形とも米沢の人ともいう紋平なる人物がはきはじめたからとのがあるが,民間語源説にすぎないとしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

もんぺ

山袴(やまばかま)の一種。「もんぺい」ともいわれ、その形態は地方によって異なる。このことばは裁着(たっつけ)、かるさんのように、古いことばではない。いずれにせよ農山村の労働着であり、とくに服飾構成では欠くことのできないものである。ことに第二次世界大戦中は女子の非常時服として採用され、全国的に普及した。戦争の終結とともにその使用は農山村に限られて用いられたが、現代ではそれもズボンにかわりつつある。

[遠藤 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もんぺ
〘名〙 主に農村や漁村で用いられる下衣の汎称で、山袴(やまばかま)のこと。はかまの形をして足首のくくれている、ももひきに似た形の衣服。第二次世界大戦中には都会の婦人も着用した。ももひき型、たっつけ型、裾細型、軽衫(かるさん)型など種々の形態がある。もっぺ。もんぺい。《季・冬》
※風俗画報‐二六号(1891)漫録「紺太布のモンペと云ふを着たり。素足に草鞋穿きて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんぺ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

もんぺの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation