@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

やぎ座【やぎざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

やぎ座
やぎざ
Capricornus
山羊。いて座とみずがめ座の間,赤経約 21時,赤緯-20°にある黄道十二宮の第 10座目の星座。9月のに南中する。3等以下の暗い星ばかりで,全体の形は逆三角形星図にはしばしば頭部がやぎで尾部がの奇妙な形が描かれている。ギリシア神話によると,森の神パンが怪物テュフォンから逃げるためにあわててやぎに化け,水中に飛込んだので水中の部分だけが魚になった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

やぎ座
やぎざ / 山羊座
秋の宵の南の空に見える星座。黄道十二宮星座の一つで、磨羯(まかつ)宮。2等星が2個あるほかは星が暗く、少々みつけにくいが、全体に逆三角形をした姿は見慣れてしまえば案外わかりやすい。かつてはこの星座に冬至点があり、古くから重要な星座とみられていた。その名残(なごり)で冬至点を表す語に「やぎ」の語が使われる場合があり、たとえば英語ではthe Tropic of Capricorn (Capricornはやぎ座のこと)などと言い表す。ただし、現在の冬至点は西隣のいて座に移っている。ギリシア神話では、怪物ティフォンに襲われた牧神パンがナイル川に飛び込んで逃げたとき、水につかった部分が魚になったためこんな姿になったとされる。M30は球状星団で、小望遠鏡で見ることができる。[藤井 旭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やぎ座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やぎ座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation