@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

よしか【よしか】

大辞林 第三版

よしか
とはいっても。それよりは。むしろ。 詣らしやれと言ふもあり。-おかしやんせ/浄瑠璃・卯月の紅葉
連語
注意を促したり、念を押したりする語。いいかね。 そんなら五百だが、-/咄本・鯛の味噌津

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よし‐か
[1] 〘副〙 それももっともだが、さらによいのは。それよりはむしろ。
※浄瑠璃・卯月の紅葉(1706頃)中「参らしゃれと云ふもあり、よしかおかしゃんせ、今のおぢゃって見やったら、留守明けたとて姦しかろ」
[2] 〘感動〙 相手に念を押していうことば。いいか。よろしいか。
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)上「それ御めへさまも、それ通とか何とか、それよしかへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よしか」の用語解説はコトバンクが提供しています。

よしかの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation