@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

よな【ヨナ】

デジタル大辞泉

よな[名]
火山の噴煙とともに噴き出される火山灰九州、阿蘇地方でいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐な[連語]
[連語]
《終助詞「よ」+終助詞「な」。文末に用いる》念を押し、確かめる意を表す。…(だ)よね。「君も行くよな」「確かにそう言ったよな
《間投助詞「よ」+間投助詞「な」》
㋐相手に言い聞かせるように言う意を表す。…だな。
「信業(のぶなり)を招いて申さうずるやうは―、…と申せ」〈平家・二〉
㋑(多く文末にあって)感動・詠嘆を表す。…なあ。…ことよ。
「木立(きだち)と言ふらん―」〈今昔・二八・八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よな

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よな
阿蘇火山地方における火山灰の俗称。 -が沢山に降つて参りますたい/二百十日 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よな
助動
ようなの転。近世上方語
比況の助動詞「ようだ」の連体形ようなに同じ。 このよな時節でも/浄瑠璃・卯月の潤色 芝居でするよな事して見せう/浄瑠璃・反魂香

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よな
連語
終助詞に間投助詞の付いたもの 文末の言い切りの形に付いて、詠嘆の気持ちをこめて断定したり念を押して確かめたりする意を表す。 ずいぶんきれいだった- 早く来い- 音に聞きし天稚御子あめわかみこをさへ見し-/狭衣 2 いでその時の鉢の木は梅桜松にて有し-/謡曲・鉢木
間投助詞に間投助詞の付いたもの 文節末に付いて、語調を整えたり、聞き手に軽くはたらきかけたりする。 是は-、娑竭羅竜王しやかつらりゆうおうの第三の姫宮、胎蔵界の垂跡すいじやくなり/平家 2 四部の弟子は-、比丘よりは比丘尼は劣り、比丘尼よりは優婆塞は劣り、優婆塞より優婆夷は劣れり/徒然 106

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

よな
よな
熊本県の阿蘇(あそ)山中(なか)岳が噴出する細粒の火山灰の通称。しばしば山腹や山麓(ろく)に多量に降り、草木や農作物を害し、それを食べる牛馬も下痢や流産をする。茎や葉にセメントのように付着し、かつ、硫酸、塩酸、フッ酸などの可溶性成分に富むためである。堆積(たいせき)したよなは、豪雨、長雨、雪解けなどで崩壊し、濁流が下流域に惨害を与えやすい。1953年(昭和28)6月、阿蘇山から流出した白(しら)川の濁流で熊本平野一帯は泥土の原と化した。[諏訪 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よな
〘名〙 火山の噴煙とともに噴き出される灰。火山灰。
※二百十日(1906)〈夏目漱石〉三「『よなが沢山降って参りますたい』『よなた何だい』『灰で御座りまっす』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐な
(間投助詞「よ」「な」の重なったもの) 文節末に添えて、語調を整え、また、聞き手に軽く働きかける。
※狭衣物語(1069‐77頃か)二「音に聞きし天稚御子(あめわかみこ)をさへ見しよな」
※平家(13C前)二「是はよな、娑竭羅龍王の第三の姫宮、胎蔵界の垂跡也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐な
助動詞「ようだ」の連体形「ような」の変化したもの。
※浄瑠璃・卯月の潤色(1707頃)中「此よな時節でも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よな」の用語解説はコトバンクが提供しています。

よなの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation