@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

よも【ヨモ】

デジタル大辞泉

よも
[副](あとに打消しの表現を伴って)実際にはまずありえないであろうと推測するさま。まさか。よもや。
「我をば―憎み玉わじ」〈鴎外舞姫
「僧都は―さやうには据ゑ給はじを」〈・若紫〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

よも
(下に打ち消しの語を伴って)まさか。よもや。 手前ばかりでは-あるまい/怪談牡丹灯籠 円朝

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よも
〘副〙 確定的ではないが、そのようなことはまさかあるまいという予測を表わす語。まさか。よもや。
(イ) (打消推量の助動詞「じ」「まじ」などを伴って) 万が一にも…ないだろう。
※竹取(9C末‐10C初)「あひたたかはんとす共かの国のひときはたけき心つかふ人もよもあらじ」
※宇治拾遺(1221頃)七「観音はからはせ給ことなれば、よもむなしくてはやまじと、思ひゐたるほどに」
(ロ) (打消の語を伴わず、反語的に) まさかそのようなことがあろうか、ないであろう。
※謡曲・蟻通(1430頃)「かくぞと知りて馬上あらば、よもおん命は候ふべき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

よもの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation